警察の所持品検査に違法判決が出た件について

兵庫県警が行った所持品検査で精神的苦痛を受けたとして神戸市内の男性が県を相手に損害賠償を求めた訴訟で神戸地裁は男性の訴えを認め県に3万円の支払いを命じました。男性はレンタルビデオ店の駐車場において止めた車の中で仮眠を取っているところを警察官から職務質問を受け、所持品の検査を求められるもこれを拒否。しかし、警察側が何度も説得をしたため、結局、応じたのだそうです。裁判長は、男性が運転免許証を提示し、車内確認にも応じたことから警察側の所持品検査は過剰であると判断しました。警察の職務質問や所持品検査についてはかねてからトラブルを招くとして問題視されていました。プライバシーの問題もありますし、疑いをかけられたことで警察に対して不信感を抱く人もいるでしょう。一方で犯罪を未然に防ぐといった観点からこういった捜査が重要だということも理解できます。ただし、それは国民側の協力のうえで成り立っているということも忘れてはならないと思います。脱毛ラボ 24箇所

警察の所持品検査に違法判決が出た件について